単身引越し費用を安くするコツがある!

引越し料金・費用が直ぐわかる!

試してみてください。
引越し内容の入力で簡単に引越し相場がわかります!

簡単引越し見積もりはコチラ

引越しの2週間〜1ヶ月前にやっておきたいことついて

引越しを行う日が決まり、
その日から1ヶ月前〜2週間前にやっておいたらいい事をご紹介いたします。

 

やはり引越しを慣れていないと色々と戸惑うことがありますが大丈夫です。

 

今からご紹介する事を実施していただければ戸惑うことなく引越しを行うことができます。

 

ご安心くださいませ。

 

 

住宅、駐車場の解約

 

引越しが決まったらすぐ今お住まいの物件の契約内容を確認してください。

 

契約内容の中でも確認していただきたい項目は、
退去する際何日前に管理会社もしくは大家さんに連絡しなければならないのか。

 

大抵の賃貸物件は退去する1ヶ月前までに連絡くださいと記載されている場合が多いです。

 

この退去に関する契約内容を読んでおらず、
管理会社もしくは大家さんへの連絡が記載事項1ヶ月前より遅くなってしまうと余分に1ヶ月分家賃を払わなければいけなくなります。

 

駐車場も賃貸物件と同じく退去する1ヶ月前に解約になります。

 

お気をつけください。

 

 

引越し業者の選定

 

引越し業者は相見積もりが選定のポイントとなります。

 

引越し業者の選定の詳細はこちらのページに記載しておりますので、
是非ご参照ください。

 

⇒複数の引越し業者で見積もりを取について

 

 

転出届の作成

 

引越しで他の地域(県・市・区・町・村)に移る場合、
転出証明書が必要になります。

 

転出証明書は転出届を出すことで取得できます。

 

転出届は引越しの2週間前に手続きをするのが基本になります。

 

転出届の手続きに必要な書類をご紹介いたします。

 

 

◆窓口で手続きをする際の必要な物

 

・身分を証明できるもの
 運転免許証やパスポートなど

 

・自治体発行の保険証
 国民健康保険証、介護保険証、老人保健医療受給者証など

 

 

◆窓口で手続きをする際の必要な物

 

・身分を証明できるもの
 運転免許証やパスポートなど

 

・自治体発行の保険証
 国民健康保険証、介護保険証、老人保健医療受給者証など

 

・郵送依頼書
 役場(市・区・町・村)のホームページからダウンロード

 

・返信用封筒
 封筒サイズ:長型4号以上
 封筒にはご自身のお名前とご住所を記載し切手を貼る

 

 

梱包資材の準備

 

引越し業者を選定する際に梱包資材提供のサービスはあるか確認してください。

 

業者によって梱包資材はオプションで請求するところもあります。

 

もし選定した引越し業者が梱包資材を有料で提供をしている場合、
梱包資材はお近くのスーパー・ドラックストアー・ディスカウントショップなどで取得しましょう。

 

私の近所の身近な例でいくと、
スパーマーケットのマックスバリューはダンボールがご自由にお取りくださいと記載され置いてあります。

 

店員さんに気兼ねすることなくダンボールを取得することができます。

 

 

荷造り開始

 

まずは使用頻度の高くないものから荷造りを行いましょう。

 

ポイントは押入れに入れてあるものから荷造りに取りかかることです。

 

押入れに入れてあるのもの基本的に使用頻度が低いものが多いです。

 

荷造りの方法にもポイントがあります。

 

それは引越しが終わった後のことを考えるのです

 

引越しが終わった後にスムーズに荷物の移動ができるように、
どこに運ぶ荷物なのかダンボールに記載しましょう。

引越し費用が最大55%安くなる!

一括見積りをすることで引越し費用を安く抑えることができます。
一括見積りは引越し内容を入力するだけ!

簡単引越し見積もりはコチラ