単身引越し費用を安くするコツがある!

引越し料金・費用が直ぐわかる!

試してみてください。
引越し内容の入力で簡単に引越し相場がわかります!

簡単引越し見積もりはコチラ

引越し費用抑えるコツ其五:引越し費用が高くなる条件を避けるについて

引越しの費用を安くするコツの5番目、
引越し費用が高くなる条件を避ける。

 

今まで紹介してきたコツを全て実行していただくと極限まで引越し費用を安くする事ができます。

 

今回の引越し費用が高くなる条件ですが、
これは要約すると「引越し業者が忙しい時期」になります。

 

ではいつ引越し業者が忙しいのか見てみましょう。

 

 

繁忙期を避ける

 

この繁忙期を避けるですが、

引越し費用を安くおさえたいのでしたら確実に繁忙期は避けてください。

 

引越し業界の繁忙期は3月・4月・9月・10月です。

 

その中でももっとも忙しいのが3月末

 

引越し業者が暇な日に比べると大体倍近く引越し費用が変わってくる。

 

繁忙期のデメリットは料金が高くなるだけではない。

 

人出が足りずアルバイト作業者もたくさんいる
というわけでサービスの質が低下している恐れがある。

 

3月や4月は入学・卒業・入社などで人が多く動くのは容易に想像がつくと思います。

 

 

ではなぜ9月・10月も引越し費用が高くなるのか気になりますよね。

 

それは9月・10月は転勤者や転職される方が多いからです。

 

 

引越し業者が忙しくなる日を避ける

 

繁忙期を避けるほど費用対効果は高くありませんが、
引越し業者が忙しくなる日を避けるのも費用を抑えるのに効果があります。

 

引越し業者が忙しくなる日は土曜日・日曜日・祝日です。

 

土日祝日は平日に引越しするより引越し費用が2〜3割増しになります。

 

土曜日・日曜日・祝日の中でも以外と知られておりませんが、月末が引越しの費用がより高くつきます。

 

新生活を始める方は月末の土曜日に引越しをされる事が多いですからね。

 

 

引越し業者が忙しい時間帯を避ける

 

引越しをされる方は午前中から引越しを希望される方が多いです。

 

というわけで午後からの引越しは午前より安い傾向にあります。

 

引越し業者の都合に合わせた指定フリーを使うと一番費用を安くすることができます。

 

 

午後からの引越しは安いがデメリットも

 

午前中に仕事をこなした従業員が午後も引越し業務を行うため疲労がたまっている。

 

疲労がたまっているため作業効率が落ち、物を傷つけたりといったミスもあり得る。

 

というわけで午後から引越しを依頼される場合は上記のデメリットを理解される事がポイントとなります。

 

 

その他の避けるべきポイント

 

避けるべきポイントは繁忙期・曜日・時間帯以外にもあるのです。

 

大安を避ける

 

日本ではイベント事(結婚、引越し 等)は大安にするとよいとされています。

 

大安とは

 

終日何をするにも良い結果がでないことはない

 

物事を始めるにはとても良い日

 

大安は上記の通り大安に物事を始めると大変良いと言う事から、縁起を気にする方は大安に引越しを行います。

 

では反対に六曜の中で一番縁起の悪い日は何かと言うと、それは仏滅になります。

 

仏滅とは

 

仏も滅するぐらい最悪な日

 

終日何をするにも良い結果がでない

 

仏滅は新生活などの何か物事を始めるに一番悪い日になります。

 

というわけで仏滅に引越しをすると費用を安く抑えることができます。

 

 

直近の引越し依頼を避ける

 

引越し予定日の直近の日程(1週間?1ヶ月前)に引越し業者に引越しの依頼をすると費用が高くなります

 

なぜかと言いますと足元を見られるからです。

 

引越し予定日に対して日にちが短い=急いでいると認識される可能性があります。

 

お客様は引越しを急いでいるので少しばかり料金を上げても大丈夫と引越し業者は考えるからです。

 

引越しをする際は1ヶ月以上前から予約をする。

 

そして一番料金が安い日にお願いしますと引越し業者にお伝えするのがポイントとなります。

引越し費用が最大55%安くなる!

一括見積りをすることで引越し費用を安く抑えることができます。
一括見積りは引越し内容を入力するだけ!

簡単引越し見積もりはコチラ