単身引越し費用を安くするコツがある!

引越し料金・費用が直ぐわかる!

試してみてください。
引越し内容の入力で簡単に引越し相場がわかります!

簡単引越し見積もりはコチラ

引越し費用抑えるコツ其二:出来る事は自分でやるについて

引越しって案外お金がかかりますよね。

 

ですので引越しの費用を出来るだけ安くしたいと思いますよね。

 

引越し費用を出来るだけ安くするには少し工夫するだけでOKなんです。

 

このページでは引越しの費用を抑える5つのコツのなかの2つめ、『出来ることは自分でやる』をご紹介いたします。

 

引越し費用について知って欲しい事

 

まず始めに引越し費用を抑えるコツのご紹介の前に、引越し費用の構成をご説明いたします。

 

引越し費用の構成は大きく分けて以下の5つの項目から成っています。

 

引越し費用の構成

  1. 移動距離
  2. 荷物の量
  3. 人件費
  4. 梱包資材費
  5. オプション

 

自分で出来ることは自分でやって、
移動距離以外の4項目(荷物の量・人件費・梱包資材費・オプション)にかかる費用を抑えます。

 

 

自分で出来ることって何がある?

 

それぞれの項目別に自分で出来ることは何か見てみましょう。

 

荷物の量について

 

この荷物の量ですが、大体ダンボールの数で料金が変わります。

 

ダンボール数個の違いで数千円値段に差がでる場合があるります。

 

あと大きい荷物・重たい荷物・貴重な荷物は別途料金が発生する場合があるので要注意です。

 

荷物の量の対策

 

要らないものをとことん処分する。

 

運ぶ荷物の量が多くなると、
荷物の量での値段+それを運ぶ人件費
が増えます。

 

なおさら重たいものピアノ・冷蔵庫・洗濯機などはもう使わないなら、
不用品回収業者に出しましょう。

 

重たい荷物は人手を多く使います。

 

ですので人件費も必然的に上がります。

 

人を1人増やすと人件費が2〜3万上がります。

 

不用品回収業者を使うと自分で処理しなくてよい。

 

業者によっては買取もしてくれるので、ちょっとしたお心遣い稼ぎになります。

 

他の荷物の量を減らす方法ですが、それは上手に梱包するです。

 

重たい物を小さい箱、軽い物を大きい箱に入れましょう。

 

重たい物を大きい箱に入れてしまうと底が抜けてしまいます。

 

梱包する際は隙間が無くなるように梱包し、ダンボールの量を減らしましょう。

 

 

人件費について

 

上記で記載いたしましたが、
人を1人増やすと人件費が2〜3万違ってきます。

 

人件費の対策

 

荷物の量を減らす。

 

特に重たい荷物は人手を多く必要とするので処分する。

 

 

梱包資材費について

 

業者によるんですが、

梱包資材を頼むと料金が発生します。

 

梱包資材費の対策

 

ダンボールはスーパーマーケットで調達。

 

その他の資材(ガムテープ・緩衝材 etc)は100均ショップで購入すると安く調達ができます。

 

 

オプションについて

 

主なオプションについて見てみましょう。

 

主なオプション

  • マイカー輸送
  • ピアノ輸送
  • 盗聴器調査
  • 不用品回収
  • ハウスクリーニング
  • 荷物一時預かり
  • エアコン着脱

 

引越し業者によっては該当するオプションの有料・無料の違いはあります。

 

もし本当にあるオプションが必要な場合は、
引越し業者の複数見積もりをとった際にその該当するオプションの値段を確認して下さい。

 

そしてどの引越し業者の該当するオプションが一番安いのか精査して下さい。

 

オプション価格の精査後、
各社の基本的な引越し料金と合わせて確認して下さい。

 

オプション価格の精査

各社の基本的な引越し料金の確認

 

これでお得に引越しをすることが可能です。

引越し費用が最大55%安くなる!

一括見積りをすることで引越し費用を安く抑えることができます。
一括見積りは引越し内容を入力するだけ!

簡単引越し見積もりはコチラ