単身引越し費用を安くするコツがある!

引越し料金・費用が直ぐわかる!

試してみてください。
引越し内容の入力で簡単に引越し相場がわかります!

簡単引越し見積もりはコチラ

新しい引越し先での賃貸物件選定の注意点はこれだ!

引越しが決まったら、次は次住む場所の賃貸物件を調べなければなりません。

 

しかし初めて引越しをする場合、
どのように賃貸物件を選んだらいいのわかりませんよね。

 

次に住む賃貸物件って値段の安さだけで選んでしまうと、
後々やっかいなことが多々起きます。

 

こちらのページでは賃貸物件選定のポイントと、ちょっとしたコツを6つご紹介したいと思います。

 

引越し先の天井の高はあらかじめ調べておこう

 

引越し先の天井の高さの調査は何に関わってくるかというと、
これはカーテンの設置に関わってきます。

 

私の経験ですが、私は引越しが決まった時、
カーテンは引越しが終わってから買えばいいやと思っていました。

 

いざ引越しが終わってみると、
意外とやることが多くなかなかカーテンを買いに行けませんでした。

 

カーテンが無い日を数日過ごしましたが、やはり家の中が丸見えの状態は厳しいです。

 

あとあらかじめカーテンを買うメリットは、カーテンの購入コストを押さえることができます。

 

私は引越し前カーテンを侮っていました。

 

カーテンは安いだろうと高をくくっていたのです。

 

しかし、カーテンって意外と値が張ります。

 

なのであらかじめ次に住む賃貸物件の天井の高さがわかっていれば、
ネット通販などで安くカーテンを購入することができます。

 

マンションに住む場合エレベーター付きの物件にしよう

 

エレベーター無しの物件は費用的には魅力的です。

 

当たり前ですが、エレベーター無しの賃貸物件はエレベーター有りの賃貸物件より家賃が安いです。

 

しかし、コストメリット以上のデメリットも存在します。

 

ご自身の体力がない場合はキツイ

 

当たり前のことですが、エレベーターがなければ当然スーパーマケットで買い物をした場合、
階段を使って買った物を運ばなければなりません。

 

買い物の頻度が多ければ多いほど、
この重たい物を持ってご自身の家までエレベーター無しで運ぶといった事象が発生します。

 

足腰に自信のある方ならいいエレベーター無しの賃貸物件でもと思いますが、
足腰に自信が無い場合は間違いなくエレベーター付き賃貸物件をおすすめします。

 

引越しの際に余分な費用が発生する

 

エレベーターが無い賃貸物件の場合、
引越しをする際にエレベーター付き賃貸物件より引越し費用があがります。

 

普通に考えてみたらよくわかりますが、冷蔵庫・ベッド・洗濯機などの大型の荷物をエレベーター無しで運ぶと、
引越し作業者さんの作業負荷がかなりかかります。

 

そのため、エレベーター無しの賃貸物件は引越し費用が高くなる傾向にあります。

 

引越し先の日当たり具合を確認しよう

 

日当たりが悪いと厄介な事が起きます。

 

その厄介な事を簡単に箇条書きにしていきたいと思います。

 

・朝も昼も照明を付けなければいけない

 

・日が入ってこないので冬が寒い

 

・洗濯物が乾きにくい

 

・朝日の光が入らないため寝起きが悪くなる

 

・カビが生えやすい

 

近隣物件との距離を確認しよう

 

近隣物件との距離が近ければ近いほど最悪です。

 

近隣物件との距離が近くて一番懸念される事は、
プライバシーの問題です。

 

田舎はあまりこの様な近隣との距離が近い問題はありませんが、
問題は都会に住む場合です。

 

東京などでは、マンション同士の距離がすごく近い物件があります。

 

最悪の場合、お互いの窓同士が近い場合もあります。

 

やはりプライバシーを気にする方は、近隣物件との距離も確認することをおすすめします。

 

洗面所の排水口の匂いを確認しよう

 

長年使われていない物件の場合、
排水口から臭いがすることがあります。

 

なぜかと言いますと、長年洗面所を使っていない場合、
排水管の排水トラップ(∪字)になっている部分に溜まっている水が蒸発します。

 

排水トラップに溜まっている水が蒸発すると、下水からの臭いを防ぐ事が出来なくなります。

 

排水トラップに溜まっている水は、下水から上がってくる臭いを防ぐ役割をしています。

 

もし洗面所の排水口から臭がする場合、それは長年その賃貸物件が使われていない事を意味します。

 

これを逆手にとるのです!

 

この長年使われていないということをネタに、大家さんと賃貸料金の交渉をするのです。

 

長年使われていない=大家さんは早く貸したいという図式が想像されます。

 

大家さんは早く賃貸物件を貸したいので、本来の賃貸料金より安くても良いといった場合もでてきます。

 

地域の安全性や隣人の安寧を確認しよう

 

これは実際昼間と夜間現地を調査するといいのですが、
それが出来ない場合はインターネットなどで地域の情報を調べるといいでしょう。

 

住んでから周りにトラブルメーカがたくさんいる、
実は治安が悪い地域だった事がわかっても遅いです。

 

いつでも直ぐ引越し出来る場合はいいのですが、
一度引越ししてしまったらなかなか次引越しが出来ないという場合、
詳しく次住む予定の地域情報を調べたほうがいいです。

引越し費用が最大55%安くなる!

一括見積りをすることで引越し費用を安く抑えることができます。
一括見積りは引越し内容を入力するだけ!

簡単引越し見積もりはコチラ