単身引越し費用を安くするコツがある!

引越し料金・費用が直ぐわかる!

試してみてください。
引越し内容の入力で簡単に引越し相場がわかります!

簡単引越し見積もりはコチラ

引越しのよくあるトラブルについて

引越しってあまり頻繁にすることがありませんよね。

 

(中には頻繁に引越しする方もいらっしゃいますが。)

 

頻繁にしないから正直よくわからない部分もたくさんあります。

 

そのよくわからない物の1つに、トラブル対応があるのではないでしょうか。

 

引越しってただでさえあまり頻繁に行わないのに、
それでトラブルが起きたらとても困ってしまいます。

 

そこでこのページでは、起こりやすい引越しトラブル3つをご紹介し、
そのトラブルの対処方法をご説明いたします。

 

内金・手付金について

 

見積りにサインをしたら、内金・手付金を要求される場合があります。

 

しかし見積りにサインをしても、内金・手付金を払う必要はございません。

 

見積りサイン時の内金・手付金は請求しませんと、
標準引越運送約款第3条第5項に記載されています。

 

標準引越運送約款とは
引越し業者とお客間のトラブルを未然に防ぐことを目的としてつくられたルール。
見積もり時、引越し業者はお客様に標準引越運送約款を提示することとなっている。

 

基本的にお金の請求は引越し後に行うことになっております。

 

引越し荷物の破損・紛失について

 

引越し荷物の破損・紛失は起こる可能性のあるトラブルです。

 

特に破損などは紛失より起こる可能性が高いです。

 

実際私も引越し荷物の破損を経験しました。

 

例えば、車がキズついていた、自転車(8万くらいのマウンテンバイク)がキズついていたなど。

 

私はそこまで車と自転車に愛着が無かったので特に気にしませんでしたが、
もし愛着を持っている物にキズがついていたらショックですよね!

 

破損について

 

引越しが完了したら、直ぐ荷物にキズがついていないか確認をしましょう。

 

引越し後に発見したキズなどは、引越し業者に責任を追求することができます。

 

しかし、責任を追求できるのには期限があります。

 

それは3ヶ月です。

 

引越しをして3ヶ月以内なら、引越し業者に責任追求ができます。

 

なのでもし引越し後にキズを見つけた場合、即座に引越し業者に問い合わせをしましょう。

 

紛失について

 

破損よりやっかいなのが紛失です。

 

なにがやっかいなのかと言いますと、破損は保険適用内の場合が多いです。

 

しかし、紛失の場合は保険適用外の場合が多いのです。

 

見積り依頼をかける時、
引越し業者に紛失した際の保険適用範囲をご確認していただくことをオススメします。

 

もし紛失が起き保険適用外の時は警察に盗難届を出します。

 

だって荷物が無くなっているのに、引越し業者は補償しないのですから。

 

普通に考えて引越しの荷物が無くなることはありませんからね。

 

ポイントとしては、貴重品は必ず別に取り扱いましょう。

 

追加料金を請求されたにつて

 

引越しが終わったら、引越し料金のお支払いをします。

 

しかし、請求金額が見積もり金額と違う!

 

よくあるんですよこれ。

 

見積もりと請求に差異が起きる事例と、その対象方法をご説明したいと思います。

 

誤った情報の申告

 

見積もり時荷量の過少申告をしたり、お住みの建物にエレベーターが無いのにあると申告。

 

【対処方法】
→引越し業者に自宅訪問してもらい見積もりを取ってもらいましょう。
→メール・電話での見積もりはやめましょう。

 

追加工事の発生

 

例えばオプションでエアコンの取り付けをつけます。
いざ新居でエアコンを取り付ける場合、取り付け場所が特殊なため追加料金が発生。
またエアコンの配管が古いため、新しい配管に取替えが必要など。

 

【対処方法】
→オプションを付ける際に後で追加料金が発生する事例の有無を確認。

引越し費用が最大55%安くなる!

一括見積りをすることで引越し費用を安く抑えることができます。
一括見積りは引越し内容を入力するだけ!

簡単引越し見積もりはコチラ