単身引越し費用を安くするコツがある!

引越し料金・費用が直ぐわかる!

試してみてください。
引越し内容の入力で簡単に引越し相場がわかります!

簡単引越し見積もりはコチラ

引越し荷物の梱包基礎知識について

引越しの荷物を梱包するのに実はポイントがあるのです。

 

物の種類によって梱包する方法が変わってきます。

 

ただ荷物を箱に詰めればいいというわけではないのです。

 

では早速引越し荷物の梱包基礎知識をご紹介いたします。

 

梱包した場所・物を明確にする

 

梱包をした物は梱包したダンボール箱に、
使用する場所・内容物の名前を明記しましょう。

 

例えばお茶碗を梱包したダンボールには、台所・お茶碗と明記しましょう。

 

確実にダンボールに使用場所・梱包品の名前が明記してあれば、
新居に引越しした時、引越し業者さんに所定の場所に運んでもらえます。

 

そのため新居に引越し際に、自ら梱包品を所定の場所に置く手間が省けます。

 

あと明記していないと面倒くさい事が起きます。

 

・どの箱に何が入っているのかわからない

 

・いざ必要としている物をすぐに見つからない

 

・必要な物を探すのにたくさんの箱を開梱しなければならない

 

などなどいろいろと手間が発生します。

 

しかし梱包したダンボールに使用場所・内容物を明記すると、
上記の煩わしさから開放されます

 

具体的な梱包方法をご説明いたします。

 

軽い物は大きな箱・重い物は小さな箱に梱包

 

本などの重たい物を箱にたくさん入れてしまうと、
当たり前ですが底が抜けてしまいます。

 

仮に底が抜けなくても、本がたくさん入った箱はかなりの重量があるので、
腰を痛めてしまう可能性があります。

 

本を梱包する際は小さな箱に梱包し、重量を分散するとよいでしょう。

 

逆に重量が軽い衣類などは大きな箱に梱包しましょう。

 

衣類は季節によって着るものと着ないものがあります。

 

着ない衣類は早めに梱包しましょう。

 

割れ物の梱包について

 

割れ物と言ったら陶器類やガラス類などがあります。

 

お皿類の梱包

 

お皿は重ねて梱包してしまいがちですが、
お皿は立てた状態で梱包しましょう。

 

お皿は一枚一枚新聞紙で包みます。

 

もし隙間ができた場合は、タオル・緩衝材・新聞紙などを詰め隙間を無くしましょう。

 

お椀類の梱包

 

お皿とは逆に、お椀類は伏せて重ねます。

 

伏せて重ねたら、お椀が動かないようタオル・緩衝材・新聞紙などを詰めて固定します。

 

ガラス類の梱包

 

ガラス類はお皿類と同様、新聞紙で1個1個丁寧に包みましょう。

 

そして隙間を無くし、ガラス類が動かないようにしましょう。

 

梱包が終わったら

 

割れ物の梱包が終わったら、
割れ物を梱包した箱に「ワレモノ注意」と明記しましょう!

 

確実に「ワレモノ注意」を明記することで、
引越し作業時に雑に扱われ中の物が壊れるといったハプニングを避ける事ができます。

 

配線の梱包について

 

意外と軽視しがちな配線の梱包ですが、
甘く見るとあとで面倒くさい事が発生します。

 

それはどの配線がどの物の配線なのかわからなくなります。

 

わからなくなることを避けるために、
配線を梱包する前に配線にテープを付けてどこの配線なのか記載してください。

 

記載することでどの物の配線かわからない、ということが無くなります。

 

貴重品の梱包について

 

貴重品(お金・通帳・貴金属など)は、
梱包して引越しの他の荷物といっしょに出してはダメです。

 

貴重品はご自身で確実に管理をしてください。

 

トラブルの原因になりますから。

引越し費用が最大55%安くなる!

一括見積りをすることで引越し費用を安く抑えることができます。
一括見積りは引越し内容を入力するだけ!

簡単引越し見積もりはコチラ