単身引越し費用を安くするコツがある!

引越し料金・費用が直ぐわかる!

試してみてください。
引越し内容の入力で簡単に引越し相場がわかります!

簡単引越し見積もりはコチラ

車庫証明申請と証明書入手について

このページでは車庫証明の入手方法と申請方法を簡単にご説明したいと思います。

 

車庫証明とは

 

ご自身が所有する自動車の保管場所を証明するもの。

 

住所を変更した場合、車庫証明を取得し直さなくてはなりません。

 

車庫証明を取得し直さないと、
車庫証明変更前の住所を管轄する自治体から納税通知書が送られてきます。

 

自動車税はどこの県にいても一律で同じ額です。

 

新しい居住地の方がお気に入りでしたら速やかに車庫証明を変更して、
お住いの自治体に納税し貢献しましょう。

 

住所を変更したら速やかに車庫証明を変更するのが基本になります。

 

車庫証明申請の手順について

 

車庫証明申請用紙&申請に関連する用紙の取得

 

・警察署にて4枚綴りの申請用紙を取得(費用は無料)

 

・保管場所使用承諾証明書(賃貸駐車場の場合)

 

・保管場所使用権限疎明書面(駐車場自己所有の場合)

 

・保管場所の所在図・配置図

 

関連用紙は全て警察署にて取得。

 

書類に認印の押印

 

・4枚綴りの申請用紙に必要事項記入後認印の押印。

 

・保管場所使用承諾証明書(賃貸駐車場の場合)は、
 不動産所有者(管理会社もしくは大家さん)に記名押印してもらう。

 

駐車場の賃貸契約書に駐車場の住所、期間、貸主借主が分かる箇所のコピーでも代用も可能。

 

・保管場所使用権限疎明書面(駐車場自己所有の場合)は、必要事項を記入し認印の押印。

 

保管場所の所在図・配置図の作成

 

所在図について

 

所在図はGoogleマップなどのサイトを使用し作成しましょう。

 

所在図には目印になる物を記入しましょう。(バス停、交番、郵便局 など)

 

注意事項
◆居住区から保管場所まで地図上直線距離で2Km以内にあること。
◆保管場所は道路から支障なく出入りができること。
◆保管場所は自動車の全体を収容できること。
◆自動車の保有者が自動車の保管場所として使用する権利を持っていること。

 

配置図について

 

配置図は保管場所の寸法の詳細を記載します。
(駐車場の幅、長さなど)

 

車庫証明申請をしましょう

 

先程ご紹介した全ての書類を、ご自身が所有駐車場を管轄する警察署に持って行きましょう。

 

車庫証明受付時間

 

平日9時頃〜17時頃まで。

自治体にのり窓口の時間が違います。
土日祝日は窓口はやっておりません。

 

申請手数料

 

普通車2,750円・軽自動車550円

自治体によって料金が変わります。

 

車庫証明書入手

 

内容に不備がなければ、大体申請手続きが終わった4日後くらいに車庫証明書が出来上がります。

 

申請して即日車庫証明書が発行されるわけでは無いのでご注意ください。

 

再び申請をした警察署に出向き、車庫証明書を取得してください。

引越し費用が最大55%安くなる!

一括見積りをすることで引越し費用を安く抑えることができます。
一括見積りは引越し内容を入力するだけ!

簡単引越し見積もりはコチラ