単身引越し費用を安くするコツがある!

引越し料金・費用が直ぐわかる!

試してみてください。
引越し内容の入力で簡単に引越し相場がわかります!

簡単引越し見積もりはコチラ

引越しの1〜2週間前にやっておきたいことについて

このページを読まれている方はもしかしたら、

引越しが1〜2週間後に迫っているのではないでしょか?

 

そうだよ1〜2週間後に引越しだよという方、
もう荷造りを終わりましたでしょうか?

 

まだ荷造りをしていないのでしたら今から荷造りに取りかかることをおすすめします。

 

やはり面倒くさいことは何かと後回しになってしまいますが、
いざ荷造り等の面倒くさいことをせざる得ない時期が来たらかなり忙しいことになりますよ。

 

実際私が引越しをする際に荷造りを後回しにし、
引越しの数日前にばたばたした経験があります。

 

それではばたばたしないために、
引越しの1〜2週間前にやっておきたことをリストアップします。

 

 

電気、ガス、水道会社に連絡

 

電気、ガス、水道のお手続きですが、
できれば引越しの1週間前までにすませておきましょう。

 

しなければいけない電気、ガス、水道のお手続きは、
現住所での解約と新居地域での契約になります。

 

電気、ガス、水道の解約と契約のポイントをまとめておきます。

 

 

電気手続きポイント

 

◆現住所を管轄している電力会社に引越しする日時を電話で連絡

 

◆引越し当日に電気のブレーカーを上げておく

 

◆新居を管轄している電力会社に新居入居開始の日時を電話で連絡する

 

 

ガス手続きポイント

 

◆現住所を管轄しているガス会社に引越しする日時を電話で連絡

 

◆引越し当日にガス栓を閉めておく

 

◆新居を管轄しているガス会社に新居入居開始の日時を電話で連絡する

 

 

水道手続きポイント

 

◆現住所を管轄しているガス会社に引越しする日時を電話で連絡

 

◆引越し当日にガス栓を閉めておく

 

◆新居を管轄しているガス会社に新居入居開始の日時を電話で連絡する

 

 

郵便局の移転連絡

 

この郵便局の移転連絡は確実に行いましょう。

 

行わなければ郵便物は全て旧住所に郵送されます。

 

こちらの転送される期間は1年だけなので、
1年の間に必要な書類の住所は新しい住所にしましょう。

 

必要な書類の住所が変更されない場合、
古い住所に新しく住んだ方に届いてしまいます。

 

もし重要な書類でしたら第三者に渡りよくないことが起こる可能性がありますのでご注意を。

 

郵便局の移転連絡は2種類の方法があります。

 

1つ目は郵便局窓口で手続きを行う方法。

 

2つ目は郵便局のウィブサイトで手続きを行う方法。

 

それでは窓口で手続きを行う方法とウィブサイトで手続きを行う方法をご紹介しますね。

 

 

郵便窓口で手続きをする場合

 

個人と現在お住まいの住所が確認できる書類の提示が必要。

 

必要書類:運転免許書、各種健康保険証、パスポート、住民票など。

 

 

インターネットで受付をする場合

 

こちらから郵便局ウェブサイトのインターネット転居・転送サービスのページにジャンプできます。

 

 

金融機関の住所変更

 

金融機関の住所変更は面倒くさいですが確実にやりましょう。

 

郵便局の移転連絡の項目でも記載しましたが、
大事な書類が第三者のもとにいってしまう可能性があります。

 

私の事例ですが、クレジットカードの住所変更を面倒くさくてしておりませんでした。

 

そのためクレジットカードの特典の手続きが遅れ、
空港のラウンジを使う予定でいたが結局使えなかったという事象が発生しました。

 

私の事例は些細な事ですが、
事例によっては大きな問題につながる可能性があるので確実に住所を変更しましょう。

 

 

住所を変更した方がいい項目

 

・クレジットカード関連

 

・保険関連

 

・銀行関連

引越し費用が最大55%安くなる!

一括見積りをすることで引越し費用を安く抑えることができます。
一括見積りは引越し内容を入力するだけ!

簡単引越し見積もりはコチラ